1. お取り寄せのご当地ドットコム HOME
  2. ご当地ドットコム誕生秘話

ご当地ドットコム誕生秘話

ご当地ドットコム誕生の背景

大徳丸と父

 「本当に良いもの、失ってはならないもの、私の親と同じ生産者を、応援していきたい!」 その思い一心で2006年4月こだわりの生産者を集めたサイト「ご当地ドットコム」を立ち上げました。

私の父も、大徳丸という漁船を抱えカニの籠漁を営んでいる生産者なのです。
冬場は、紅ズワイガニなど上質で美味なカニを水揚げしていますが、ズワイガニといえば日本海。そうしたブランド先行型の一般流通において、太平洋側の福島県でカニが獲れるなど、消費者には知られていなかったのです。

そのため、漁場としての知名度のなさが、市場では評価されず安い価格で取引されていました。それもあってか、20年前は福島県で5隻あったカニ籠漁船は、現在では私の父の船ただ一隻だけになってしまいました。

このような状況に至った背景には、経済不況による市場での価格の下落等、いろいろなこと考えられますが、最大の要因は「生産者自身は価格を決められない」ということではないでしょうか。

その生産物を獲るまでの原価等は全く無視され、小売で決められた価格が全てであり、その価格以外では取引できないのです。つまり、生産者自身の努力では解決できないところに問題があったのです。

更にカニのインターネット通販では、30%オフ、40%オフ、50%オフで当たり前のように売られています。冬の荒海でのカニ籠漁は命懸けです。そこまでして獲ってきたカニがそのような扱いを受けているのです。

また、「生産者の手」は、私の父もそうですが、洗っても洗っても汚れの落ちない真っ黒な手。重労働のせいか手はグローブのように大きくなっている。そこまでして捕ったり作ったりする生産物が、安い価格で取引される。本当に悲しいことです。生産者を親に持つ自分にとっては歯痒かった。


そこで、微力な自分でも親のために何を出来るか考えた結果、販路を広げるために独自のECサイト「大徳丸カニ通販ドットコム」を2002年秋に正式に立ち上げました。
しかし、立ち上げ当初は殆んど売れません。そこで、販売方法をいろいろと試行錯誤研究してきた結果、現在では、年間3万5千匹ものカニを売るまでになったのです。

働く手

また、インターネットで販売するに当たり、次のことにこだわりました。
1.独自サイトで売る。2. システムは自社開発する。

大手のショッピングモールではなく、生産者自らが売れる仕組みを作るため、「独自サイトで売る」ことにこだわりました。もうひとつは、簡単にすぐに運用できることよりも、いろいろなノウハウをシステムに反映させたいため、「システムは自社開発する」ことにこだわった。これらのこだわりが、同じ生産者にも必ず活かせると思っていたからです。
それが「ご当地ドットコム」誕生の背景です。

ご当地ドットコムの特徴

生産者

 ここまでインターネットで全国の生産物が簡単に手に入ると、人の興味・関心は「この生産物はどんな人が作ったのか」、「なぜこの生産物を作ったのか」といった生産物の背景へと向かうそうです。
例えば安心・安全でおいしい米。違いは何かといえば、作っている人なのです。「ご当地ドットコム」が力を入れるのは、まさにここなのです。
ひたすらまじめに生産者とその物づくりにかける思いを伝えるスタイルは一見地味ですが、「わかりやすい、親しみやすい」と消費者の静かな評判を呼んでいます。

また、「ご当地ドットコム」ではすべての生産物を生産者から消費者へ直送していることです。生産物は鮮度が命。「朝採り当日出荷、翌日到着」のスタイルにこだわるのも、本当においしいものを大切に消費者に届けたいとの思いからです。

 「ご当地ドットコム」では各地域から品数や生産量の多少にかかわらず紹介し、時間をかけて伝えていきます。「ご当地ドットコム」は、丹精込めたこだわりの生産物を、消費者に届けたいと願う生産者のためのサイトなのです。

また、「ご当地ドットコム」は、強烈なコピーや安売りキャンペーンなどは一切行なわず、あくまで正直にありのままの情報を伝えることで消費者の信頼を勝ち取り、全国に生産者のファンをつくることを目指しています。一気には難しいですが、時間をかけて生産者を応援する消費者(ファン)を増やしていきます。

こだわりの生産物を全国へ

システムフォワード代表取締役大内一也

ページの先頭へ戻る

Copyright(c) 2006-2012  goto-chi.com. All Rights Reserved.